子育て記録

お食い初めはいつ頃?何のため?→生後100日頃に幸せを願う

いのっぷ

2歳の娘を子育て中のいのっぷです!

お食い初めって聞いた事ありますか?

「これから子育て始めるよ!」って人はあまり聞き馴染みが無いかもしれませんね。

お食い初めは生後100日頃に赤ちゃんが長く食べ物に困らないよう願うとても大事な行事です。

いのっぷ

作法や決まり事が多く、現代では簡易的に行われていたりするので解説します。

お食い初めはいつ頃、何のためにやるのか

お食い初めは百日祝いとも呼びます。

平安時代から行われており、当時は栄養状態や衛生面が悪く100日を生きれない事が珍しくなかったそうです。

そこで、無事に100日を生きられたお祝いと、これからも長生きできるように祈ってお食い初めをするようになりました。

いのっぷ

現代の医療環境が整った中でも新生児を守るのは大変なのに、昔は赤ちゃんが生きるだけでも難しかったんですね。

参加する人と行う場所

お食い初めは伝統的には赤ちゃんの両親と両家の祖父母が参加して行うものです。

しかし、現代は両家が遠方だったり、赤ちゃんが生まれてから祝い事が続くので無理のない範囲で行う事が多いです。

参加できない祖父母には当日の写真を送ってあげたら喜ぶと思います。

いのっぷ

今ならLINEのビデオ通話等で様子を見せてあげるだけでも参加できますね。

場所は祖父母が参加するなら実家で行うことが多いですが、自宅で行っても良いです。

我が家はお店で行いました。

料理や器などを一式用意してもらえて楽なのでオススメです。

新生児の育児中は大変なので簡易的に行うのが良いですよ。

自宅で行う場合でも通販で準備できます。新生児育児中は赤ちゃんも親もヘトヘトなので無理しないようにしましょう。

料理や準備するもの

お食い初めは料理など用意する物が決まっており、それぞれに意味があります。

↑の写真は我が家がお店でお願いしたものです。

お店で説明書きも頂いたのでそれを参考にさせて貰ってまとめました。

料理(一汁三菜)

赤飯

邪気をはらったり、魔除けの意味が込められています。

尾頭付き鯛

鯛は赤い皮と白身で縁起が良い紅白色なので祝い席では欠かせないです。

福をもたらす七福神の恵比寿様が釣っている魚で日本のお祝いでは定番ですね。

お吸い物

吸う力が強くなりますようにという意味があります。

ハマグリを出す地域もあり、ハマグリは2枚貝で元の貝でないと形が合わないため、生涯の伴侶に巡りあえるようにという願いが込められています。

煮物

地域によって色々な物が入っているようです。

我が家がお願いしたお店ではニンジン、サトイモ、タケノコ、シイタケが入っていました。

ニンジン

赤い色で他の具と合わせて縁起の良い紅白色になるように

里芋

子芋がいっぱいできるので子宝に恵まれますようにという意味

タケノコ

まっすぐすくすくと育つようにと願って

シイタケ

六角に切って亀の甲羅に見立てて長生きできるように祈る

いのっぷ

我が家の写真を見るとシイタケが六角形になってないですね。

香の物

幸の物という意味があります。

紅白なますを出すことが多いようですね。

我が家の香の物は「梅」でした。

梅にはシワシワになるまで長生きしますように辛抱強くなるようにという願いが込められています。

漆器

男の子は赤、女の子は黒を使う事となっています。

しかし意味を調べた結果

いのっぷ

私はどちらでも良いと思います。

そもそも、昭和生まれとしては

男の子が黒で、女の子は赤じゃないの?

なんて思ってしまいがちですが(汗)

男の子が赤の理由は赤色の方が高位の色であったからです。

平安時代は男性優位社会だったため男の子は赤、女の子は黒とされました。

なので、男女で色分けするのは現代には合っていないので好きな色を使えばいいのではないでしょうか。

いのっぷ

我が家がお願いしたお店は女のコでも赤でした!

器の色まで気にしない事が多くなっているのかもしれませんね。

祝い箸

祝い箸は両口箸になっています。

片側は神様が使うものです。

取り分けるのに反対側を使ったりしてはいけません。

使用後も捨てるのではなく、取っておいて神棚があればお供えするのが望ましいです。

歯固め石

石のように硬い歯がはえてくるように願います。

石はお宮参りをした神社から頂いてくるか、河原などでキレイな石を拾って来ても良いみたいです。

箸で石を触ってから歯にチョンチョンと当ててあげます。

使用した石は神様にお礼をして境内にお返ししましょう。

お食い初めの手順

お食い初めは同姓の「養い親」が行います。

養い親とは参加している中で最も年長者のことです。

女のコだったら祖母か居なければ母親、男の子だったら祖父か居なければ父親が行います。

用意した料理を決まった順番で食べさせるふりをしてあげます。

赤飯→お吸い物→赤飯の流れを軸に

赤飯、お吸い物、赤飯、焼き魚、赤飯、お吸い物、赤飯、煮物、赤飯、お吸い物、赤飯、香の物、赤飯、歯固め石、赤飯、お吸い物、赤飯

いのっぷ

赤ちゃんがぐずるようなら簡易的に行っても良いと思いますよ。

赤ちゃんが嫌がらないようならばお米を一粒食べさせる「ひとつぶなめ」をしても良いです。

終わったら料理は大人が残さず頂きましょう。

我が家は私が頂きました。

お祝いとお返しは?

お食い初めに参加する方はお祝いを用意するのが一般的なようなので、事前にお返しについて相談しておくと良いです。

参加する可能性が高い祖父母であれば一万円程度が多いようです。

一万円であれば当日の食事代として頂き、特にお返しを用意しないことが多いです。

ただ、お金がかかるお返しは用意しなくても、お食い初めの写真をあげると喜んで貰えますね。

いのっぷ

特に養い親をつとめた方は喜しいですよね。

せっかくお食い初めをするのであれば袴ロンパースを着せてあげるとお祝い感が出ます。

まとめ

お食い初めは儀式を行う方(養い親)から料理まで、全て子供が長く健康に生きられること、幸せになることを祈願した大切な行事です。

やや準備が大変ですが、今はお店や通販などで頼めるので簡単に出来るようになりました。

大切なのは気持ちなので、少しくらい作法が違ったってかまいません。

大変な場合は簡易的でも構わないので100日を無事に生きたお祝いと幸せに過ごせるように願いをこめてお食い初めをしてあげてください。

ABOUT ME
いのっぷ
2歳娘を子育て中の30代パパリーマン/娘にたくさんの経験から「自分が何を好きか、嫌いか」を知って欲しい/大学院農学研究科修了→農学を仕事へ/旅行(国内、海外)、外遊びが好き/育児は知識が大事。知識で乗り越えられる事もある。子育ての準備やイベント、悩んだ事などを実体験から更新中