パパママブログ

コロナ禍での子供との遊び方[オンラインや近所の公園で]inパパ育コミュ

いのっぷ

2歳の娘を子育てしている「いのっぷ」です。

今回はTwitterでつながったパパ育コミュ@ブログ部の企画です。

パパ育コミュブログ部における「ブログ駅伝」の活動として、今月のテーマ「コロナに負けるな!コロナ禍での子供との楽しい過ごし方!」に沿って執走します。


Aチームの走者は以下の通りです。
第1区 あすはやさん 【厳選】コロナ禍でもお風呂で子供と楽しめるバスボール3種
第2区 おかさん  コロナ禍で大人も子供も運動不足!?【なわとび】は手軽で効果抜群!
第3区 オトダンさん コロナに負けるな!室内にテントを設置してお部屋でアウトドアを擬似体験
第4区 まるげりさん コロナのおうち時間「ネタ切れ & テレビ三昧!?」〜 テレビとリアルをつなげよう 〜
第5区  ひろあきさん 【コロナ自粛】子供(幼児)との遊び方・過ごし方20選【完全版!!】

Bチームの走者は以下の通りです。
第1区 シカゴリラさん 【我が家のコロナ禍でのベランダ遊び」〜日光浴、テント、お砂場遊び、生き物飼育!?】
第2区 りょう育ママさん 【コロナ禍でのおうち遊び
第3区 おすぎパパさん 【これまでのこと~新卒入社からパパ育休終了まで~】
第4区 てんぱぱさん 【withコロナ!出産準備~退院までの体験記(子供との過ごし方)】
第5区 たからんさん (追記予定)

駅伝なのですが、記事更新が間に合わなそうなメンバーは一般参加枠として参加しました。
いのっぷ コロナ禍での子供との遊び方[オンラインで会いましょう!]inパパ育コミュ←本記事
不器用父ちゃんさん お風呂の時に大人がちょっとした工夫をすることでお風呂が盛り上がる!入浴剤編
はやぱぱさん (追記予定)

2020年1月に新型コロナウイルスの感染拡大が明らかになってから生活が一変しましたね。

外出が制限される中、遊びたい盛りで外の世界に興味津々の娘を自宅に閉じ込めておくのが心苦しかったです。

そんな中でも身近なところで楽しみを見つけて過ごしました。

コロナ禍での子供への影響

緊急事態宣言が発令している間は保育園が休園になり、外食なども控えていたので奥さんと娘はほとんど家から出られずに過ごしていました。

ストレスが溜まる

家に閉じこもっているとストレスが溜まりますよね。

1ヶ月以上もほとんど家を出ない事なんて後にも先にも無いんじゃないかと思います。

家族にしか会わず、広い所で走り回ったりできないので

段々とイライラしたり、実家に行って遊びたいとゴネたりするようになりました。

いのっぷ

大人もイライラしてるから悪循環

人との触れ合いが減る

感染を防ぐために人との接触を減らさないといけないので、

人と会う機会が減ってしまいました。

色んな人と会って話したりすることで良い刺激になるし、人見知りが酷くならないか心配でした。

ただ、保育園が始まってからは先生に良くしてもらっているようで、クラスのお友達もできたので安心しました。

いのっぷ

バス旅行やお遊戯会など全てイベントが中止になったのは非常に残念です。

みんなで踊っているところなど可愛かったんだろうなと思います。

新しい経験をする機会を逃す

娘は2歳の1年間をほぼ家と保育園の往復で過ごし、休日に公園で少し遊んだり、奥さんの実家へたまに行くだけでした。

3歳までの間はスポンジのように吸収する時期なので

色んなものを見たり、聞いたり、経験させてあげたかったです。

娘は歌ったり踊ったりするのが好きなので幼児向けの英会話教室に行こうかと奥さんと話していたところなのでとても残念でした。

コロナ禍での遊び方

我が家でコロナの影響を軽減するためにした遊びです。

  1. LINE通話で家族以外の人と話をする機会を作る
  2. 近所の人が少ない公園に通って、身近なものに注目する
  3. こどもちゃれんじから毎月オモチャや絵本などが届く

オンラインで実家や親戚ファミリーとおはなし

私の実家が遠方なのでコロナ前からLINEのビデオ通話を良く使っていました。

そのため、私の父とは毎週のように顔を見ながら話をしています。

娘と同い年の親戚が居るので、そこともLINEしました。

LINEだと顔エフェクト機能で自分の顔を加工して遊べるので、娘はとても気に入っています。

いのっぷ

実家のジィジと話すときも顔エフェクトばかりするので、せっかくの孫の顔を加工無しで見られないというデメリットもありますが 笑

娘は私や奥さん以外の人と話す機会になるので気が紛れたようです。

私達の気分転換になりましたし、ジィジ、バァバの楽しみにもなりました。

公園での発見

我が家は田舎なので都市部ほどは人混みが無いので、休日は近所の小さな公園で遊んでました。

色んな所に連れて行ってあげて、たくさんの経験をさせてあげたいと思っているのですが、遠出はできないので申し訳なく思っていました。

しかし、近所の公園でも目を凝らせば色んな発見がある事に気付きました。

遊園地には行けなかったけど

  1. スベリ台
  2. コアラに乗って揺れるやつ(下がスプリングになってる名前不明の遊具)
  3. ブランコ

があったので娘からすると充分に楽しめました。

さらに線路が近いので踏切の音が聞こえたら娘を抱えてダッシュしてました。

離れて少し低い所から見られるので安全かつ迫力を感じられました。

近所の人も見に来てたので、電車スポットだったのかも。

美術館には行けなかったけど

娘は公園に行くと走り回るよりも砂遊びが好きです。

  1. ひたすら砂でおままごと
  2. 砂の山を作る
  3. なにかの模様を書く(適当に地面引っ掻いてるだけ?)
  4. なぜか私の手に山盛りの砂を乗せる

また、色んな形の石や謎の木の実を集めるのも楽しそうで

いのっぷ

何コレー!

ってよく叫んでました。

植物園には行けなかったけど

公園には桜など色々な木があり

  1. 春には桜が咲く
  2. 夏には鮮やかな新緑の葉がでる
  3. 秋には紅葉する
  4. 冬に枯れて落ちる

同じ所でも目を凝らせば行く度に少しずつ変わってきます

花壇もあって季節ごとに色んな花が咲くし、公園ってしっかり管理されてるものなんだなと改めて思いました。

動物園には行けなかったけど

  1. ネコやイヌ
  2. アリやテントウムシ
  3. スズメやハト

大人からすると見慣れた生き物ですが、娘からすると、どれも新鮮で「怖い!」と言いながらも楽しんでいました。

水族館には行けなかったけど

5月に公園横の家が鯉のぼりをベランダに飾っていて「おサカナだ!」と喜んでいました。

いのっぷ

これは無理があったかな 笑

こどもちゃれんじ

買い物に行く頻度が少なくなっていたので、絵本やオモチャを買う機会が減っていました。

ある日ハッとしてしばらく何も買ってあげてない事に気付きました

しかし、こどもちゃれんじから毎月新しいオモチャや絵本などが届いている事を思い出して、ホッとしました。

いのっぷ

コロナの影響だけでなく、子育てが忙しくなると買い物に行く余裕が無くなるので、こどもちゃれんじはパパママにはありがたいです。

【こどもちゃれんじ】

それに、イヤイヤ期の子供と買い物に行くのは本当に大変です!

今年から英語教室の代わりにこどもちゃれんじイングリッシュも始めます。

体験DVDの歌とダンスが楽しかったみたいで、それだけでアルファベットをA〜Zまで曖昧な所もありますが言えるようになったので、親としては期待しちゃいます。笑

今年も外出の機会は少ないので、お出かけの代わりになる楽しみになれば良いなと思っています。

いのっぷ

英語教室に行けない分を取り戻すために私も全力で歌って踊ろうと思います!

まとめ

「コロナに負けるな!」とのテーマで子供との過ごし方を振り返りました。

とんでもない状況ですが、安全かつ楽しく過ごせるようにしてあげるのが親のつとめと思っています。

田舎なので比較的ゆるい緊急事態宣言下の過ごし方でしたが、他のパパさんママさんはおウチの中やベランダで凄い工夫をして子供を楽しませてあげていました。

コロナの感染はまだしばらく続きそうなので、遊びがネタ切れのママさんやパパさんはぜひ見て下さい。

いのっぷ

家族を守りながら楽しく過ごしましょう!

ABOUT ME
いのっぷ
2歳娘を子育て中の30代パパリーマン/娘にたくさんの経験から「自分が何を好きか、嫌いか」を知って欲しい/大学院農学研究科修了→農学を仕事へ/旅行(国内、海外)、外遊びが好き/育児は知識が大事。知識で乗り越えられる事もある。子育ての準備やイベント、悩んだ事などを実体験から更新中